4 2022

歴史的名画を鑑賞して 目と心の栄養補給

アート特集

店舗情報/PR

posted by 日経REVIVE

明治38年創業 東洋古美術商

宋磁、洗練とミニマリズム

posted by 日経REVIVE

2022年03月27日

4月28日(木)から3日間開催される「東京アートアンティーク」に際し、「繭山龍泉堂」では宋のやきものを中心に展示いたします。

アートアンティークは日本橋・京橋のギャラリーや古美術商を主体とした催しで、初心者から上級者まで幅広く楽しんでいただけます。普段は入りづらいような店舗にも気軽に行けるということで、毎回好評を得ています。

宋磁は日本人にとって最も人気のある中国陶磁のジャンルです。単色の釉薬にシンプルかつ洗練された造形のものが多く、普遍性があるため、宋時代以降の明や清においても高く評価されてきました。また磁州窯系の作品の中には、宋磁としては珍しい絵付けが施された作品もあり、モノクロームの世界に華を添えています。

会期中、お越しいただくことができない方のために、4月28日から「MAYUYAMA ONLINE GALLERY」で全ての展示作品を閲覧できるようにいたします。ぜひ、合わせてご覧ください。数多くの方々のご来場を心からお待ち申し上げております。

■会期:4月28日(木)〜30日(土)
■場所:繭山龍泉堂

店舗情報は、2022年3月27日発行の日経REVIVE4月号掲載当時の情報です。

繭山龍泉堂(まゆやまりゅうせんどう)

住所:東京都中央区京橋2-5-9
電話:03-3561-5146
定休日:日曜、祝日
営業時間:10時~18時
URL:https://www.mayuyama.jp/

地域店情報・特集 アート特集 に戻る

関連記事

BACK NUMBER

過去発行された紙面のバックナンバーをこちらからご確認いただけます。

アーカイブ 今月のプレゼント
  • 製作本部バナー
  • 東洋大学

RECOMMEND

BACK NUMBER

過去発行された紙面のバックナンバーをこちらからご確認いただけます。

アーカイブ 今月のプレゼント
  • 製作本部バナー
  • 東洋大学